Wedding Report

ウエディングレポート

WEDDING THEME
旧レイン邸の魅力を存分に生かした
緑あふれるナチュラルウエディング

  • WEDDING DATA

    季節
    2018年10月
    挙式会場
    神戸北野教会
    挙式スタイル
    キリスト式
    人数
    70名

神戸ご出身のおふたり。生まれ育った街の中でも特別感のある場所として「北野異人館 旧レイン邸」を結婚式の舞台としてお選びいただきました。結婚式当日は貸切の自由度を活かし、おもてなしのアイデアをたくさん散りばめられました。

ゲストの皆様を最初にお出迎えするエントランスには、敷地内の緑にゲストカードをガーランド状に飾り付け。ゲストの皆様には、ご自身の名前が書かれたシーティングチャートと見比べ、席に着いていただきました。待ち時間も楽しんでもらいたいというおふたりの気持ちが感じられるステキなおもてなしとなりました。

神戸北野教会で行った
恩師による誓いの儀式

新郎様がカトリック系の大学をご卒業されていることから、恩師である司祭様によって挙式が執り行われました。福音朗読に続いて結婚の誓いの言葉が響く教会でかなえられた、厳かであたたかな儀式。おふたりの幸せいっぱいの笑顔が印象的でした。

旧レイン邸のガーデンで
アフターセレモニー

挙式後は、旧レイン邸のガーデンにて、ゲストの皆様と集合写真を撮影されました。明るい陽射しの下、挙式を無事終えられたリラックスした表情のおふたりは、ゲストの皆様とご歓談されながら、和やかなひと時を過ごされました。

緑をたっぷり取り入れた
会場コーディネート

披露宴が行われた会場を、グリーンをたっぷりと取り入れた会場装花でコーディネートされたおふたり。ご自宅にもあるというユーカリとアセビの木をメインテーブルに飾られ、旧レイン邸の雰囲気にピッタリのコーディネートがお見事でした。

おもてなし感あふれる
ゲストテーブル

ゲストの皆様のお席には、新郎様がお仕事でお取り扱いされているという「500色の色鉛筆」をお一人おひとりに合わせて色を選び、似顔絵付きのメッセージカードとともにセット。おふたりのあたたかなおもてなしはゲストの皆様からも大変好評でした。

ゲスト全員で行う
「名もなき指輪」作り

おふたりは、全員でできる演出をと「名もなき指輪」作りを取り入れられました。シルバーのリングを少しずつハンマーで叩き、ゲスト全員で指輪を作るというもの。最後の仕上げを新郎様、新婦様で行われ、それぞれ贈り合われるというステキな演出に、ゲストの皆様からはあたたかい祝福の拍手が贈られました。

鮮やかな色とりどりの
お料理&スイーツ

お料理はおふたりが試食して選ばれたオリジナルコースです。オードブルの「海の幸のジュレ~ひまわり~」には赤やオレンジ色のパプリカをご希望され、ウエディングケーキにもベリーやいちじくなど色とりどりのフルーツを乗せられたおふたり。見た目にも鮮やかなお料理とスイーツが並ぶ、華やかなテーブルとなりました。

プランナーより

この度はご結婚おめでとうございます。おふたりと当日まで一緒に過ごした時間はとても楽しく、宝物のような日々でした。結婚式当日、たくさんのゲストの方に囲まれ、こちらまで幸せな気持ちにしてくださったおふたり。イメージ通りのホームパーティのようなあたたかな一日となりましたね。末永くお幸せに。

友だち追加